メネデール

メネデールの使い方

メネデール

特 徴

いつでも使える、植物のサプリメント

植物の生長に欠かせない鉄を、根から吸収されやすいイオンの形で含む植物活力素です。発根を促し、元気な株に育てます。肥料でも農薬でもないので毎日使え、さし木、種まき、植え付け、植え替えから弱った時の活力アップまで、あらゆる場面で活躍します。

植物の生長に必要な物質は、主に根毛からイオン化された形で吸収されます。
メネデールは、鉄をイオンの形で含む水溶液なので、素早く吸収され、植物の生長を助けます。水分や養分の吸収を高めたり、光合成を活発にする働きもあります。また、メネデールには、植物の切り口や傷ついた部分からにじみ出る物質と結合して膜のようなものを作る働きがあります。切り口を保護すると同時に、新しい根の発生を促します。

メネデールの活用法

種蒔き・球根の植え付け

まき床をメネデール100倍液で湿らせてから種をまきます。種まき直後にもメネデール100倍液で水やりをし、その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。まく前に水に浸すことを推奨されている種の場合は、メネデール100倍液に浸してからまきます。球根に関しても同様です。

苗の植え付け

植え込んだ後、メネデール100倍液で水やりをします。その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。

株分けや植え替え

植え付け前にメネデール100倍液に浸すか、植え込み直後にメネデール100倍液で水やりをします。その後、週に1度程度のペースで3〜4回与えます。

さし芽

さし穂をメネデール100倍液に浸けてから、さし床にさします。草本性は30分以上、木本性は2〜3時間浸けて下さい。その後、根付くまでは、2〜3日ごとにメネデール100倍液を与えて下さい。

鉢植えの草花が弱ってきた時

通常は週に1度程度、メネデール100倍液で水やりをするか、霧吹きなどに入れてスプレーします。鉢植えで弱りが激しい時は、鉢のまま数時間メネデール100倍液に浸しておくと効果的です。

関連記事

ページ上部へ戻る