ヒダカソウの根伏せ(秋の根伏せ)の手順と成長・栽培記録② 2019/01/26

ヒダカソウの根伏せ(秋の根伏せ)の手順と成長・栽培記録② 2019/01/26

ヒダカソウCallianthemum miyabeanum)の植え替え時期は、「2~3年目の芽が動き出す早春か、葉が枯れた秋」ということなので、現状の、ヒダカソウの大きさと、鉢の関係から、植え替えをすることにした。

しかし、鉢をひっくり返すと、想像以上に根が詰まっていたので、急遽、根を切り詰めて、その根で、初めてヒダカソウの根伏せ(秋の根伏せ)をしてみることした。

これから冬を迎え、屋外で管理できるわけもないので、春までの間、室内管理を前提とした。

栽培・成長目標

  1. 室内管理での発芽 2019/01/05 目標達成
  2. 室内管理での成長 2019/01/26 今回、目標達成
  3. 室内管理から屋外へ
  4. 屋外での成長

これまでの経緯

  1. 2018/11/03 根伏せの開始 詳細はこちら
  2. 2018/12/03 全く、表面に変化は認められないが、ポリポット内の根は白く、腐ってはいない。
  3. 2018/12/27 植物の発芽を確認したが、ヒダカソウなのかは不明。
  4. 2019/01/05 ヒダカソウの発芽と断定。5芽ほど発芽を確認。

2019/01/26

順調に発芽成長し、10芽以上が地上部に出てきており、地中内でも、さらに緑色の芽の成長が認められた。ただ、日光不足による、ヒョロヒョロ感が弱々しく見える。どうしても、この時期、室内への太陽光は、入りにくいのでしょうがない。
ヒダカソウ

撮影日:2019/01/26

ヒダカソウ撮影日:2019/01/26

ヒダカソウ撮影日:2019/01/26

今後、成長過程を見守りながら、順次、報告していきたい。

日高草

日高草

1,320円(05/12 16:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

ページ上部へ戻る